少年野球

ポルテ少年野球教室の月謝はいくら?親の負担や口コミなどを徹底調査!!

2021/09/28

ポルテ野球教室月謝/口コミなどの調査まとめ(ベースボールスクールポルテ)
ベースボールスクールポルテって聞いたことありますか?
他の少年野球チームと違った指導方法で口コミ評判もいいみたいなんですけど
野球少年の父(野球未経験)
おじたか
ああ。聞いたことありますね。
なんでも野球を通じた教育に力を入れているとか。
だから指導方法も全然違うようですね。
そうなんですね。今のチームが悪いわけではないですけど、コーチが怒鳴ったりして子供が委縮してそうなんですよ。。。
それに親の負担も大きくて、結構しんどいんですよね。。。
野球少年の父(野球未経験)
おじたか
なるほど。野球はまだまだ昭和の指導方法が根強く残ってますからね。
特に少年野球は。
そういうことなら確かにポルテも選択肢に入ってくるんでしょうね。

私も詳しく知らないので調べてみますよ。
ポルテのどこが良いのか

この記事はこんな人にオススメ

  • ベースボールスクールポルテの月謝などおおよその費用を知りたい人
  • ベースボールスクールポルテの教育理念や指導方針を確認したい人
  • ベースボールスクールポルテの口コミ評判を知りたい人

 

もし、少年野球チームに入ったら、こんな悩みを抱えることになるかもしれません。

ポルテはそうした悩みから解放されることも良い点の1つと言えるでしょう。

少年野球で感じる親の悩み5選!みんなはどんなことで悩んでいるの??

 

ポルテ少年野球教室の月謝など費用一覧

下表中※の意味

※1:ポルテ公式サイトの情報を転記
※2:口コミを基にした非公式の情報

費用備考
入会費8,300円(税込)(※1)
  • スポーツ保険代込み
  • 兄弟姉妹で入会の場合
    2人目以降の入会費は1名につき800円
年会費8,080円(税込)(※1)
  • 年度更新時に毎年必要
月会費8,290円(税込)(※1)
ユニフォーム/
ジャージ等
約20,000円(※2)
  • バッグまたはグローブのどちらかを選べる
  • バッグとグローブ両方欲しい場合は追加で3,000円負担
冬用グラウンドコート約13,000円(※2)
  • 購入は任意
    (なんだかんだで購入することになりそう)
合宿参加費約15,000円(※2)
  • 参加は任意
大会参加費約2,000円~(※2)
  • 参加は任意

 

ポルテ少年野球教室の費用は、地域の少年野球チームと比べるとやや高い感じがします。

ユニフォーム費用から下の項目は、少年野球チームでも同じようにかかる費用です。

違うのは、入会費、年会費、月会費でしょう。

 

少年野球チームであれば、入会費や年会費はおそらく不要です。

月会費(月謝)は、3,000円から5,000円くらいといったところでしょうか。

子ども会など地域でやってくれるところであれば1,000円もかからないかもしれません。

そうやって比較するとポルテは費用がかかるという印象は否めませんね。

 

ただ、ポルテは企業がやっているスクールだということを考慮しなければいけません。

ポルテはベースボールスクール(野球教室)なんですね。

水泳や英語を習いに行くのと同様に、野球を習いに行くところなんです。

そこが少年野球チームとは決定的な違いです。

 

ということで、水泳や英語と月謝を比較すると下表のようになります。

いずれも週1回習いに行った場合のおおよその費用です。

習い事月謝
ポルテ8,290円
水泳(一般)5,000円~8,000円
英語(一般)6,000円~8,000円

 

こうやって見てみるとポルテは、べらぼうに高いわけではないことが分かります。

だいたい習い事にかかる費用の相場と同じくらいです。

 

ポルテ少年野球教室では親の負担はどの程度か?

ベースボールスクールポルテ では、親の負担は一切ナシです。

少年野球なら当たり前のようにあるお茶当番や祝勝会の準備から片付けなど一切負担はないのです。

親にとっては非常にありがたいですね。

 

先ほども述べた通り、ポルテは企業がやっているスクールです。

スクールなので、そのへんのことは全てスクール側でやってくれるんです。

子供に野球をさせてあげたいけど、お茶当番は仕事があって難しいなあっていうご家庭にはうってつけだと思います。

親の負担がないので、安心して子供をチームに入れることができます。

 

ポルテ少年野球教室の理念

ポルテの教育方針や指導の様子を取材した動画がありますので、まずはこちらをご覧ください。

6分程度の動画です。

 

ベースボールスクールポルテ 「心を鍛える」という理念の下、教育に重点を置いています。

具体的には、野球を通じて「礼儀・しつけ・友達づくり・協調性・社会性」を育む指導をしています。

少年野球は勝つことを目的としたチームが多いですが、ポルテは子供の成長を重視しています。

野球に取り組みながら、自主性・チャレンジ精神・リーダーシップ・優しさ・思いやりが育つ指導を採用しているそうです。

 

例えば、少年野球では子供がエラーをすると監督・コーチが怒鳴ります。

これでは子供が失敗を恐れてチャレンジしなくなりますよね。

もう怒られたくないって気持ちが出ますから。

それは、子供の成長にとってプラスになるのでしょうか。

 

私は常々、そうした少年野球の指導に疑問を感じていました。

ポルテの理念は、本当に子供の成長を考えたもので素晴らしいと思います。

 

ポルテ少年野球教室の教育基本方針

ベースボールスクールポルテで身につく5つの力図解

引用元:ベースボールスクールポルテ公式サイト

 

ベースボールスクールポルテ は技術指導はもちろんですが、人間性を育てる教育を重視しています。

その教育の基本方針は、「認めて、ほめて、はげまし、勇気づける」ことです。

 

子供たち同士で認めたり、ほめたり、時には励まし、勇気づけることで、その子自身の心の成長が期待できます。

また、声をかけてもらった子供もそれに応えて自分自身を奮い立たせるでしょう。

仲間同士で助け合い、支えあうことで壁を乗り越えていけるんだということを体験できます。

他人を尊重するという気持ちも育まれていくのではないでしょうか。

 

こうした人間的な教育を小学生の時期に受けることは、人生において非常に有意義だと思います。

野球に限らず、何かしらのスポーツをやる意義は、仲間と助け合い目標を達成する経験ができることです。

 

その点、素晴らしいと思うのは、野球の技術や勝ち負けではなく人間性の成長が期待できる教育をしていることです。

少年野球チームでは勝つことだけが目的になってしまい、時には大人が子供の人格を否定するような暴言を吐く場面も見てきました

非常に心が痛かったです。

注意しても聞かない人が監督、コーチには多くいるのです。

子供の教育という観点では望ましくなく、何度もやめさせようかと思いました。

が、子供が仲の良い友達と野球がしたいという気持ちが強く、私がガマンしてきました。

 

ポルテならそうした親の苦しみや子供の痛みを味わうことなく、仲の良い友達と野球ができそうです。

 

ベースボールスクールポルテの活動

普段の練習は週1回

ポルテの活動は、週に1回、約1時間です。

週に1回のスクールで教えてもらったことを自主練して上手になっていくという感じです。

ピアノも週に1回のレッスンで、その間は家で練習しているので、それと同じですね。

他のスポーツの事情は知りませんが、習い事と考えるとそんなものかなと思います。

 

その代わり、スクールの指導者は全員プロです。

きちんと子供を指導するための教育を受けた方が指導員となっています。

野球の技術も教育も少ない時間の中でも確実に教えてくれるでしょう。

 

なお、スクールのある曜日や時間帯は、各会場によって違います。

また、生徒の多いところでは2部制、3部制を採用しているところもあるようです。

詳しくは、こちらのページで都道府県ごとにスクールを検索して確認してください。

 

スポーツ大会

ベースボールスクールポルテでは年に2~3回大会を開催するそうです。

勝つことを目的としていませんが、試合に向けた目標は持たせているんですね。

目標に向けた努力をすることや目標達成のために仲間と協力するということが学べます。

 

また、試合に勝つ喜びや負ける悔しさも成長の糧になります。

そのような体験をさせることに狙いがあります。

 

あと大事なこととして、試合は全員参加です。

みんなが試合に出られるようになっています。

上手い、下手に関係なく。

これはこれで良い方針ですね。

 

合宿

合宿は子供たちの楽しみの1つです。

ポルテでは年に1回(2回?)合宿があります。

 

が、もちろん楽しいだけではありません。

ちゃんと教育要素があります。

合宿で身につくものは公式サイトに挙げられています。

そこから一部抜粋したものを掲載します。

  • 自ら自立できる力
  • 意欲的、積極的な力
  • 礼儀正しく挨拶ができる力
  • 社会のルールを守る力
  • 安全と健康を守る力

引用元:ベースボールスクールポルテ公式サイト「活動紹介」より一部抜粋 

 

事業提携

スクールとは少し離れますが、ポルテはなんと!阪神タイガースのタイガースアカデミーと提携しています。

近畿圏のベースボールスクールポルテ がタイガースアカデミーのパートナー提携校となっているようです。

ひょっとしたら、阪神タイガースのOBの方が指導に来てくれるかも??しれません。

詳しくは、こちらをどうぞ。

 

ベースボールスクールポルテの口コミや評判

ポルテの口コミが掲載されているページ

ネットで口コミを探してみたところ、この2つのサイトで口コミを見つけました。

1つ目は、ポルテ公式サイトです。

こちらは卒業生の声が掲載されています。

 

2つ目は、子供の習い事の検索・比較ができるサイトです。

良いことだけでなく、改善要望もあるのでポルテの足りないところもわかると思います。

 

ポルテに関するTwitterの投稿

独立リーグや女子野球と交流できるなんて、ポルテならではでしょうね。

少年野球では考えられないです。

 

ベースボールスクールポルテの良い点/悪い点

最後にベースボールスクールポルテ の良い点と悪い点を整理しておきます。

良い点と対比するために悪い点と表現したのですが、実際に悪いことではないです。笑

ここが気になるかもしれないなというくらいのニュアンスですので誤解なきようお願いします。

 

ポルテの良い点

  1. 子供の成長を重視した教育方針
  2. 教育を受けたプロの指導者が教えてくれる
  3. 親の負担が一切ない

 

やはりポルテの教育方針は特筆すべきものがあります。

この方針に賛同できるのであれば、これほど最良の選択肢はないと思います。

また、親の負担はバカにならないので、これが一切ナシというのはホント助かりますよね。

 

また、少年野球の場合は、指導者がボランティアです。

教育とか指導とか知らない素人が教えるのと比べると、プロが教えてくれるので全然違いますよね。

 

ポルテの悪い点

  1. 週1回の練習だけでは少ないかもしれない
  2. 本格的に野球に打ち込みたい人には物足りない
  3. 少年野球と比べると月謝が高く、他にも費用がかかる

 

特に、週1回の練習に関しては賛否が分かれるところでしょうね。

最初の方でも言いましたが、習い事と考えると週1回は妥当です。

週1回のスクールで、あとは自分がやるかやらないか。

 

自主性を育てるという観点で良いという人もいるでしょうし、練習量が少ないという人もいるでしょう

そこは少年野球チームやポルテの野球教室に何を求めるかによって判断が分かれます。

何を重視するのか、ぜひお子さんと話し合いをしていただきたいなと思います。

 

まとめ

それでは、この記事の内容をまとめます。

この記事のまとめ

  • ベースボールスクールポルテの月謝は、他の習い事と同じくらいの相場
  • ベースボールスクールポルテは親の負担は一切ナシ
  • ベースボールスクールポルテは子供の心を鍛えて人間性の成長を重視している
  • 本格的に野球に打ち込みたい人には、ポルテは物足りないかもしれない

 

ベースボールスクールポルテ では無料体験会をやっています。

こちらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックすれば無料体験の申し込みができます。

少しでも興味があれば、無料体験を検討してみてはいかがでしょうか。

ポルテベースボールスクール」の無料体験会へ参加

【参考】公認野球規則について

公認野球規則は、日本における野球ルールを定義している公式ルールブックです。

当ブログの記事は、2021年度版公認野球規則に基づいて書かれています。

野球のルールは毎年少しずつ改正されており、この改正部分を抜粋したページが公認野球規則にはあります。

その抜粋を読むだけでルール改正内容が分かるのが、この本のメリットの1つです。

野球の審判、少年野球のコーチなど、ルールを運用・指導するなら必携の一冊です。

 

 

 
  • この記事を書いた人

おじたか@親父審判

・歴40年以上3点セット
 -野球観戦歴
 -阪神タイガースファン歴
 -大阪在住歴
・マニアックな野球ルールが好き
・審判は機会があれば毎回引き受けている
・Twitterもやってます

-少年野球
-, ,