ルールの説明

タイムプレーとは何か?得点に関わる重要なルールです!

2020/12/26

タイムプレーを説明しているブログを読んだんですけど、タイムプレーって何ですか?

どうも理解できなくて。。。

審判未経験の父
親父審判
そんなに難しいルールではないですよ。

野球の試合では普通に起きているプレーです。

ただ、あらためてタイムプレーって言われると、「何だろう?」って思いますね。

タイムプレーとは

タイムプレーとはフォースアウトによらない第3アウトと別のランナーのホームインのどちらが早いかを審判が判定しなければならないプレーのことです。

第3アウト成立よりも前か後かが得点の認められる基準であるためタイムプレーと呼ばれています。

なお、タイムプレーという用語は、野球公認規則では用いられていません。

しかし、第3アウト成立とホームインのどちらが早いか確認が必要なプレーを指す俗称としてしばしば用いられます。

タイムプレーで得点が認められるケース

まず、タイムプレーで得点が認められるケースについて説明します。

野球公認規則には得点に関して次のように書かれています。

3人アウトになってそのイニングが終了する前に、走者が正規に一塁、二塁、三塁、本塁に進み、かつこれに触れた場合には、その都度、1点が記録される。

つまり、原則として第3アウトを取られる前にホームインしたランナーの得点は認められるということです。

ここで「原則として」と書いたのは、一部この規定通りでない場合があるからです。

では、規定通りでない、すなわち得点が認められないケースとはどんなケースでしょうか。

タイムプレーで得点が認められないケース

野球公認規則には得点が認められないケースとして3つの例外が規定されています。

得点の例外規定

  1. 打者走者が一塁に触れる前にアウトにされたとき
  2. 走者がフォースアウトされたとき
  3. 前位の走者が塁に触れ損ねてアウトにされたとき

 

この3つのケースは第3アウトを取られる前にランナーがホームインしていても得点は認められません

ただし、3のケースではアウトになったランナーの後ろのランナーのみ得点が認められません。

言い換えるとアウトになったランナーの前のランナーの得点は認められます。

 

ところで、3のケース(得点したランナーがベースを踏み忘れた場合)は、守備側のアピールがなければアウトにならないことにも注意が必要です。

アピールがなければベースを踏み忘れたランナーの得点も認められます。

関連記事アピールプレーでアウトにする方法!いつまでにアピールが必要か?

続きを見る

 

同時の場合はどうなる?

第3アウト成立とランナーのホームインが同時の時、得点は認められません。

得点になるのは3人アウトになってイニングが終了する前と、野球公認規則に書かれているからです。

同時は「その前」には含まれないということですね。

まとめ

野球のルールでは第3アウトがフォースアウトでなければ、第3アウトを取られる前にホームインしたランナーの得点が認められます。

このルールがあるから第3アウトを置き換えないと得点が入ってしまうというケースが起こるのです。

得点に関するルールはしっかり頭に入れておかないと無用な1点を与えてしまいかねないですね。

関連記事第3アウトの置き換えとは何?具体的事例でルールを理解する!!

続きを見る

-ルールの説明
-, ,

© 2021 親父審判の野球ノート