野球ルール その他

野球のタイムプレイとはどんなルールか?ルールの基本を説明します!!

2020/12/26

懐中時計
タイムプレイを説明しているブログを読んだんですけど、タイムプレイって何ですか?

どうも理解できなくて。。。

審判未経験の父
おじたか
そんなに難しいルールではないですよ。

野球の試合では普通に起きているプレーです。

ただ、あらためてタイムプレイって言われると、「何だろう?」って思いますね。


野球のタイムプレイとは?

タイムプレイとはフォースアウトによらない第3アウトと別のランナーのホームインのどちらが早いかを審判が判定しなければならないプレーのことです。

第3アウト成立よりも前か後かが得点の認められる基準であるためタイムプレイと呼ばれています。

なお、タイムプレイという用語は、野球公認規則では用いられていません。

しかし、第3アウト成立とホームインのどちらが早いか確認が必要なプレーを指す俗称としてしばしば用いられます。

 

タイムプレイで得点が認められるケース

まず、タイムプレイで得点が認められるケースについて説明します。

野球公認規則には得点に関して次のように書かれています。

3人アウトになってそのイニングが終了する前に、走者が正規に一塁、二塁、三塁、本塁に進み、かつこれに触れた場合には、その都度、1点が記録される。

 

つまり、原則として第3アウトを取られる前にホームインしたランナーの得点は認められるということです。

ここで「原則として」と書いたのは、一部この規定通りでない場合があるからです。

では、規定通りでない、すなわち得点が認められないケースとはどんなケースでしょうか。

 

タイムプレイで得点が認められないケース

野球公認規則には得点が認められないケースとして3つの例外が規定されています。

得点の例外規定

  1. 打者走者が一塁に触れる前にアウトにされたとき
  2. 走者がフォースアウトされたとき
  3. 前位の走者が塁に触れ損ねてアウトにされたとき

 

この3つのケースは第3アウトを取られる前にランナーがホームインしていても得点は認められません

ただし、3のケースではベースを踏み忘れたランナーより先にホームインしていたランナーの得点は認められます。

 

ところで、3のケース(得点したランナーがベースを踏み忘れた場合)は、守備側のアピールがなければアウトにならないことにも注意が必要です。

アピールがなければベースを踏み忘れたランナーの得点も認められます。

2塁から3塁へ走るランナー
関連記事アピールプレーとは?アピール権の消滅までルールを徹底解説!!

続きを見る

 

同時の場合はどうなる?

第3アウト成立とランナーのホームインが同時の時、得点は認められません。

得点になるのは3人アウトになってイニングが終了する前と、野球公認規則に書かれているからです。

同時は「その前」には含まれないということですね。

 

まとめ

野球のルールでは第3アウトがフォースアウトでなければ、第3アウトを取られる前にホームインしたランナーの得点が認められます。

このルールがあるから第3アウトを置き換えないと得点が入ってしまうというケースが起こるのです。

得点に関するルールはしっかり頭に入れておかないと無用な1点を与えてしまいかねないですね。

3塁でアウト
関連記事第三アウトの置き換えとは?なぜ1イニングで4つのアウトが必要なの??

続きを見る

【参考】公認野球規則について

公認野球規則は、日本における野球ルールを定義しているルールブックです。

当ブログは、この2021年度版の公認野球規則に基づいて記事を書いています。

かなりボリュームのある本ですが、ルールが改正された箇所を抜粋してまとまっているのは役に立ちます。

ルールの改正だけをまとめた記載は、ネットでも書籍でもほぼ見あたりませんので。

 

  • この記事を書いた人

おじたか@親父審判

・歴40年以上3点セット
 -野球観戦歴
 -阪神タイガースファン歴
 -大阪在住歴
・マニアックな野球ルールが好き
・審判は機会があれば毎回引き受けている
・Twitterもやってます

-野球ルール, その他
-, ,

© 2021 親父審判の野球ノート