野球ルール 走者

コリジョンルールとは?今さら聞けない人のために詳しく解説!!

ヤギ2頭が頭を突き合わせて戦っている
プロ野球を見ていると、よくコリジョン、コリジョンって言ってるんですけど、なんだか曖昧なルールですよね。
審判未経験の父
おじたか
確かにコリジョンルールは、適用が曖昧な印象ですね。公認野球規則には、ちゃんと定義されているんですけどね・・・。

実際には審判によって判断基準が違いますし、そこがクローズアップされるために曖昧な印象が残りますね。

ここで、あらためて公認野球規則を読みながらコリジョンルールについて確認しておきましょう。

ルールの理解が曖昧では困りますからね。

この記事はこんな人にオススメ

  • コリジョンルールとはどんなルールか正確に知りたい人
  • コリジョンルールを詳しく説明しているサイトを探している人
  • その他、コリジョンルールに関連した情報が欲しい人

 

コリジョンルールとは?

まずは公認野球規則でコリジョンルールがどのように書かれているか確認しておきます。

なお、コリジョンルールという用語は俗称です。

公認野球規則では「本塁での衝突プレイ」と規定されています。

(i)本塁での衝突プレイ

(1)得点しようとしている走者は、最初から捕手または本塁のカバーに来た野手(投手を含む、以下「野手」という)に接触しようとして、または避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで走路から外れることはできない。

(中略)

(2)捕手がボールを持たずに得点しようとしている走者の走路をブロックすることはできない。もし捕手がボールを持たずに走者の走路をブロックしたと審判員が判断した場合、審判員はその走者にセーフを宣告する。前記にかかわらず、捕手が送球を実際に守備しようとして走者の走路をふさぐ結果になった場合(たとえば、送球の方向、軌道、バウンドに反応して動いたような場合)には、本項に違反したとはみなされない。

(中略)

【注】我が国では、(1)(2)ともに、所属する団体の規定に従う。

引用元:公認野球規則2021年度版 6.01iより

 

コリジョンルールは、走者に対する規定と捕手に対する規定の2つから構成されていますね。

それぞれの規定に関して、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

 

コリジョンルール① 走者の禁止事項

公認野球規則6.01(i)(1)を基にランナーの禁止事項を整理します。

コリジョンルール① 走者の禁止事項

  • 本塁のカバーに来た捕手または野手に接触しようとして走路から外れてはならない
  • 本塁のカバーに来た捕手または野手を避けられたにも関わらず接触をもくろんで走路から外れてはならない

 

要するに、ランナーは規定された走路上を走りなさいということですね。

そして、走路上を走っている限り、ランナーに衝突回避義務はないようです。

おじたか
ただし、ランナーの悪質な体当たり行為は、【原注】で禁止事項として定義されていますよ。

 

ということは、ランナーと本塁のカバーに来たプレーヤーとの衝突回避は、守備側の責任になるのでしょうか。

次の6.01(i)(2)に書かれている内容を見てみましょう。

 

コリジョンルール② 捕手の禁止事項

先ほどと同様に公認野球規則の内容を整理します。

コリジョンルール② 捕手の禁止事項

  • 捕手は、ボールを持たずに走路をブロックしてはならない
    ただし、送球を実際に守備しようとして走路をふさぐ結果になった場合は、違反にならない

 

捕手は、走路をブロックしてはならない。

とても明確に書いていますね。

ブロックはダメなんです。

 

でも、送球を受けるために守備をしようとした結果、ブロックすることになっても、それは許されるんです。

よって、キャッチャーは意図的にブロックしないようにランナーにタッグする必要があるということですね。

 

こうして公認野球規則を読み解いてみると、コリジョンルールとは

  1. ランナーは走路上を走り、
  2. キャッチャーはブロックしないようにして、

お互いの衝突を回避するためのルールであると言えそうです。

 

コリジョンルールの採用で変化したプレー

コリジョンルールが適用されてから、そのペナルティを回避するためにプレースタイルは変わりました。

具体的に何がどのように変わったのか見ていきましょう。

 

キャッチャーへの影響

コリジョンルールによって最も大きな影響を受けたのがキャッチャーです。

ブロックが禁止され、走路上に立つことも禁止されたために様々な変化が必要となりました。

例えば、こういった影響がありました。

  1. 本塁への送球を待つときは、本塁ベースの前に立つ
  2. 身体をランナーにあずけるようなタッグをせず、ミットだけでタッグする
  3. ランナーの正面からタッグせず、追いタッチ気味にタッグする

 

その結果、本塁のクロスプレーでのセーフとなる確率が高くなっているようです。

 

内野手への影響

内野手にとってコリジョンルールは心理的影響を与えているようです。

コリジョンルールによって本塁でセーフとなる確率が高くなっているので、例えば内野ゴロでも本塁へ送球しにくくなっていると推測できます。

以前なら本塁で勝負していた場面でも本塁へ送球しなくなっているはずです。

 

これは、野球の醍醐味の1つである本塁のクロスプレーが少なくなっているということでもあります。

このことを問題視する評論家の方もいるようですね。

 

ランナーへの影響

基本的にランナーのメリットが多いルールなので、それほど影響はないです。

ただし、プロ野球においてはキャッチャーにタックルするなど体当たり行為が完全になくなりました

完全にアウトのタイミングでもキャッチャーを吹き飛ばしてボールを落とさせる悪質なプレーがなくなったのは、良いことだと個人的には思っています。

 

プロ野球を見ていると、コリジョンルール導入前は生死に関わるような大けがをしそうなプレーがありました。

それ自体、非常に危険ですし、子供たちがそれを真似するのも良くないです。

お互いフェアプレー精神で試合をしてほしいものです。

 

コリジョンルールの所属団体ごとの採用状況

公認野球規則の【注】に書かれている通り、日本ではコリジョンルールの採用は所属団体ごとに違うようです。

プロ野球、高校野球、少年野球でそれぞれどのように扱われているのか確認しておきましょう。

 

プロ野球の場合

コリジョンルールが最もわかりやすいのはプロ野球ですね。

そもそもコリジョンルールとは、プロ野球が使っているルールです。

セ・リーグおよびパ・リーグのアグリーメントで定義されているのです。

 

プロ野球独自に規定している部分があって、それを含めてコリジョンルールと呼んでいるのでしょう。

とはいえ、公認野球規則6.01(i)とほぼ同義だと考えていいです。

 

高校野球の場合

では、高校野球は本塁の衝突プレーは禁止されていないのか?というと、そうではありません。

公認野球規則6.01(i)に規定されているため、この定義に基づいて運用されています。

 

2016年3月20日、選抜甲子園での滋賀学園vs桐生第一の試合で初めてこの規則が適用されています。

あくまで公認野球規則6.01(i)に基づいたルール適用ということです。

 

むしろ、選手の安全を第一に守るために高校野球の方が厳格に適用されているような印象です。

また、高校野球の選手は悪質なプレーをすることがほとんどないので、あまりクローズアップされないんだと思います。

 

少年野球の場合

最後に少年野球の場合はどうなのかということですが、少年野球の団体はたくさんあって詳細はわかりません。

しかし、基本的には公認野球規則6.01(i)を遵守するということだと思います。

つまり、衝突を回避するプレーをしなければならないということです。

 

子供なので、大人が教えない限りは、コリジョンになるようなプレーはしないでしょう。

そういう観点から少年野球の指導者の責任は大きいと考えます。

指導者の皆さんには、ルールを順守し、安全にプレーできるよう、子供たちに正しく指導していただきたいと思います。

 

コリジョンルールの問題点

コリジョンルールの最大の問題は、審判によってコリジョンの判断が異なってしまうことです。

例えば、

  • キャッチャーの守備行為が送球を受けるためにやむを得ないと判断するか
  • タッグの仕方がコリジョンになっていないと判断するか

といったことは、審判の裁量、つまり主観で決まってしまいます。

そのため審判ごとに異なる判断となってしまい、もめる原因になっています。

 

現在ではかなり揉める場面は減ってきていますが、それでもリプレイ検証しないと納得できないというケースはあります。

得点に直結するだけに仕方ないです。

とはいえ、これはプロ野球に限った話ですね。

プロ野球以外では、審判の判断が絶対ですから、納得できなくても揉めることはないです。

 

コリジョンルールまとめ

公認野球規則6.01(i)で規定されている「本塁での衝突プレイ」を整理すると、以下のようになります。

厳密にはコリジョンルールとは呼びませんが、一般的に理解しやすいので、この記事ではコリジョンルールと呼びます。

コリジョンルールまとめ

  • 得点しようとしているランナーは、本塁をカバーする捕手または野手に接触しようとして走路を外れてはいけない
  • 捕手は、ボールを持たずに走路をブロックしてはならない

 

ルールとして規定されていますが、試合するチーム同士がお互いにフェアで安全なプレーができるよう心掛けてほしいと思います。

そうすれば、コリジョンルールなんて知らなくても良いんですから。

 

コリジョンを判断するためには球審の立ち位置が重要です。

球審の立ち位置に関して考察した記事がありますので、これも併せて読んでみてください。

関連記事
球審は本塁クロスプレーの時にどの位置でジャッジするのがベストなのか?

続きを見る

 

【参考】公認野球規則について

公認野球規則は、日本における野球ルールを定義している公式ルールブックです。

当ブログの記事は、2021年度版公認野球規則に基づいて書かれています。

野球のルールは毎年少しずつ改正されており、この改正部分を抜粋したページが公認野球規則にはあります。

その抜粋を読むだけでルール改正内容が分かるのが、この本のメリットの1つです。

野球の審判、少年野球のコーチなど、ルールを運用・指導するなら必携の一冊です。

 

 

 
  • この記事を書いた人

おじたか@親父審判

・歴40年以上3点セット
 -野球観戦歴
 -阪神タイガースファン歴
 -大阪在住歴
・マニアックな野球ルールが好き
・審判は機会があれば毎回引き受けている
・Twitterもやってます

-野球ルール, 走者
-,