ルールの説明

ファールチップのルールを解説!キャッチャーフライとの違いも解説!!

2020/12/07

バッターとキャッチャー
おじたか
ファールチップを捕球すればアウトと思っていませんか?

実は、アウトにならないんです。

ファールチップのルールを正しく理解すれば、それは違うと納得していただけると思います。

ファールチップとは?

バットに当たって後方へ飛んだ鋭い打球をキャッチャーが正規捕球するとファールチップになります。

ただし、その打球がキャッチャーの手またはミットに最初に触れていることが条件です。

 

ファールチップは空振りと判定されます。

空振りと同じ扱いですので、ストライクカウントが1つ増えます。

よって、2ストライクからファールチップになるとバッターは三振です。

ここに注意!

ファールチップはインプレーだということに注意してください。

ファールチップは空振りと同じ扱いなのでインプレーです。ボールデッドではありません。

インプレーなのでランナーが飛び出していれば牽制でアウトにすることができますし、ランナーは盗塁することもできます。

 

正規捕球について

ファールチップの説明で正規捕球という言葉が出てきました。

ただ単に”捕球”と言わず、あえて”正規捕球”と言うのには理由があります。

ルールブックでは捕球を次のように定義しています。

捕球の定義

手またはグラブで送球や投球を受け止め、かつそれを確実に掴む行為

 

正規捕球とは、ルールブックで定義されている捕球のことです。

例えば帽子やポケットで”捕球する”など、ルール上捕球とみなされない行為と区別するために正規捕球という言葉を使用しています。

補足

ファールチップに限っては、キャッチャーが身体または用具に手またはミットをかぶせるように捕球することも正規捕球とみなされます。

通常の送球では、体にかぶせるようなボールの取り方は正規捕球とは認めらず、捕球していないと判定されます。

 

ファールチップにならないケース

以上をふまえて、ファールチップにならないケースを整理します。

ファールチップにならない場合はファールと判定されます。

ファールチップにならないケース

  • キャッチャーが捕球できなかった
  • キャッチャーが捕球する前にボールが地面に触れた(ワンバウンドした)
  • キャッチャーのマスクやプロテクターにボールが挟まった
  • キャッチャーが捕球する前にボールが審判に当たった

 

実際の試合では、様々なケースが起こるため、中には判断が難しい場合もあるでしょう。

次のケーススタディでは具体的事例を挙げますので、それぞれのケースでファールチップになるかならないか考えてみましょう。

 

ファールチップに関するケーススタディ

ケース① キャッチャーマスクに当たった打球を捕球

ケースの説明

  • 2ストライクで、バットにかすった打球がキャッチャーミットに触れてキャッチャーマスクに当たった
  • マスクに当たった打球が地面に触れる前に、キャッチャーが素手でその打球を捕球した
おじたか
この場合、バッターの三振は認められるでしょうか?

解説

バッターは三振となります。

このケースでは、打球が先にキャッチャーミットに触れていることがポイントです。

また、正規捕球には手で捕球することも含まれますので、キャッチが認められます。

 

ケース② 打球が審判に当たった打球を捕球

ケースの説明

  • 2ストライクで、バットにかすった打球がキャッチャーに触れることなく、審判に当たった
  • 審判に当たった後、ボールが地面に触れる前にキャッチャーはミットで捕球した
おじたか
このケースはどうでしょう?三振になると思いますか?

解説

判定はファールです。

このケースでは、バッターは三振になりません。

ポイントは、打球が最初に審判に当たっていることです。

打球が審判に当たった時点でファールとなります。

 

ケース③ キャッチャーが脇に挟んで捕球

ケースの説明

  • 2ストライクで、バットにかすった打球がキャッチャーミットに触れた
  • ミットに触れた打球は勢いを弱めず、そのままキャッチャーの脇にスッポリ入った
おじたか
なかなか珍しいケースですね。

この場合の判定はどうなるでしょう?

解説

このケースは、ファールです。

キャッチャーの脇に入っても正規捕球とは認められません。

よって、ファールとなります。

 

ファールチップとキャッチャーフライの違い

最後に、ファールチップとキャッチャーフライの違いを説明します。

ルールブックでは「鋭く後ろにそれた打球」をファールチップと定義しています。

よって、ファールチップとキャッチャーフライの区別は次のように考えておけばよいです。

ファールチップとキャッチャーフライの違い

  • バッターの打球が直線的に飛んだ場合は、ファールチップ
  • バッターの打球が弧を描くように飛んだ場合は、キャッチャーフライ

 

どのような弧であればキャッチャーフライになるのかについては、ルールブックには明確に定義されていません。

よって、最終的には審判の判断で決まります。

その他、ファールチップとキャッチャーフライの違いは表に整理しておきますので参考にしてください。

ファールチップキャッチャーフライ
捕球した時の取り扱い空振り(ストライク)アウト
捕球できなかった時ファールフェアゾーンで落球⇒フェア
ファールゾーンで落球⇒ファール
捕球時のランナーのリタッチ義務なしあり

-ルールの説明
-, , ,

© 2021 親父審判の野球ノート