野球ルール その他

観客が守備妨害!?観客がプレーを妨害したらバッターはアウトになるの??

2021/05/03

野球の観客席
おじたか
プロ野球で観客が守備を妨害するという”事件”が起きましたね。
あ。それ知ってます。結局バッターはアウトになったんですよね。

観客が妨害したらバッターはアウトになるっていうルールなんですか?

野球少年の父(野球未経験)
おじたか
そこは審判の判断ですね。ルールを確認しておきましょうか。

この記事はこんな人にオススメ

  • 観客が守備を妨害した時のルールを知りたい

観客による守備妨害と判定されたプレー

2021年5月1日の楽天vsロッテ戦で、そのプレーは起きました。

 

楽天の小深田選手がファールフェンス際にレフトフライを打ち上げました。

左翼手が捕球体制に入ったところで、観客がボールを捕ろうとして手を出しています。

その観客の手が邪魔になったのか、左翼手は落球してしまいました。

審判の判定は、ファウルでした。

その後、ビデオ検証の結果、バッターはアウトになったというプレーです。

 

なぜ、バッターは”アウト”になったのか?

観客による守備妨害が発生したら、バッターはアウトになってしまうのでしょうか。

公認野球規則にはこのように書かれています。

打者または送球に対して観衆の妨害があったときは、妨害と同時にボールデッドとなり、審判員は、もし妨害がなかったら競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置を取る。

【規則説明】 観衆が飛球を捕らえようとする野手を明らかに妨害した場合には、審判員は打者に対してアウトを宣告する。

引用元:公認野球規則2021年度版 6.01(e)より

 

つまり、明らかに妨害があったと審判が判断すればバッターはアウトになります。

このルールはあくまで審判の判断です。

審判が「観客の邪魔がなければ、このプレーの結果はどうだったか?」を推定して判定されます。

 

観客スタンドの中で守備を妨害されたらどうなる?

このプロ野球の例は、観客が競技場内(フィールド内)に手を伸ばしていました。

つまり、競技場内で野手を妨害したのです。

 

では、もし観客スタンドの中でフライの捕球を妨害された場合はどうなるのでしょうか?

プロ野球やメジャーリーグでは時々見られるプレーですね。

観客スタンドに入ろうとしているボールを野手が手を伸ばしてもぎ取るというプレー。

スーパープレー!って絶賛されるあのプレーです。

 

結論から言えば、スタンドの中で観客にプレーを邪魔されても守備妨害にはなりません

公認野球規則の6.01(e)には、そのことが明記されています。

野手が、フェンス、手すり、ロープから乗り出したり、スタンドの中へ手を差し伸べて捕球するのを妨げられても妨害とは認められない。野手は危険を承知でプレイしている。

引用元:公認野球規則2021年度版 6.01(e)【原注】より

 

まとめ

最後に、観客による守備妨害についてルールを整理しておきます。

ココがポイント

  • 観客が競技場内(フェンスの内側)で野手を邪魔したときは、審判の判断でバッターはアウトになる。
  • 観客が競技場外(フェンスの外側)で野手を邪魔したときは、守備妨害にならない。

 

今回のプレーはルールで救われたとはいえ、プレーの邪魔するような行為はやめてもらいたいですね。

 

この記事もよく読まれています

投球を受けるキャッチャー
関連記事キャッチャーに対する送球妨害を詳しく説明!例外規定も解説します!!

続きを見る

バットを構える子供
関連記事打撃妨害の「監督の選択権」って何?ルールの基本から詳しく解説!!

続きを見る

2塁を回ろうとしているランナー
関連記事走塁妨害のルールや定義を詳しく説明!守備妨害とどちらが優先されるか解説付き!!

続きを見る

投球を待つバッター
関連記事守備妨害のルール!バッターランナーが妨害した時のペナルティを解説!!

続きを見る

 

【参考】公認野球規則について

公認野球規則は、日本における野球ルールを定義している公式ルールブックです。

当ブログの記事は、2021年度版公認野球規則に基づいて書かれています。

野球のルールは毎年少しずつ改正されており、この改正部分を抜粋したページが公認野球規則にはあります。

その抜粋を読むだけでルール改正内容が分かるのが、この本のメリットの1つです。

野球の審判、少年野球のコーチなど、ルールを運用・指導するなら必携の一冊です。

 

 

 
  • この記事を書いた人

おじたか@親父審判

・歴40年以上3点セット
 -野球観戦歴
 -阪神タイガースファン歴
 -大阪在住歴
・マニアックな野球ルールが好き
・審判は機会があれば毎回引き受けている
・Twitterもやってます

-野球ルール, その他
-, ,