ルールの説明

打撃妨害のルールをケーススタディを使って詳しく説明します!!

バットを構える子供
これまで守備妨害、走塁妨害を説明してもらいましたが、打撃妨害ってのもありますよね?
審判未経験の父
おじたか
そうですね。打撃妨害についてはまだ説明してなかったですね。

では、いつものようにルールを確認していきましょう。

ケーススタディも用意していますので、クイズだと思って考えてみてください。

この記事はこんな人にオススメ

  • 打撃妨害のルールについて詳しく知りたい人
  • 具体的な事例を使って打撃妨害のルールを深く理解したい人

打撃妨害のルール

打撃妨害とは捕手または他の野手が打者を妨害(インターフェア)したときバッターランナーに1塁への安全進塁権が与えられるルールです。

公認野球規則では捕手に加えて他の野手が妨害する可能性も想定して書かれています。

しかし、現実的には捕手による打撃妨害がほとんどだと思います。

つまり、バッターが打とうとしたとき、バットがキャッチャーミットに当たることが打撃妨害だと割り切って考えていいと思います。

 

打撃妨害発生時のプレーの処置

打撃妨害が起きた時、審判は下記のいずれかを判断します。

  1. 打撃妨害が発生した時点で、直ちにタイムをかけてプレーを止める
  2. 打撃妨害が発生してもタイムをかけずにプレーを続行させる

 

判断のポイントは、打撃妨害発生後にインプレーとなったか、ならなかったかです。

詳しく説明します。

 

打撃妨害発生時直ちにタイムをかける場合

例えば、バッターが空振りしたり、ファールを打ったりした場合です。

打撃妨害発生後にインプレーにならなかった時は、直ちにタイムをかけます。

このケースではバッターは1塁への進塁が認められます

 

打撃妨害発生時直ちにタイムをかけない場合

一方、例えばバッターが投球を打ってフェアゾーンにボールが転がるなどインプレーとなった時は、プレーは続行されます。

打撃妨害があってもすぐにはタイムがかからないということです。

 

この場合、下記2つのいずれを採用するか攻撃側に選択権があります

ただし、一度選択したらそれを取り消すことはできません。

攻撃側の選択肢

  1. 打撃妨害を適用して、バッターランナーに1塁を与える。(他のランナーは元の塁に留まる)
  2. 打撃妨害を適用せず、プレーを続行した結果のまま試合を再開する

 

3塁ランナーが本盗またはスクイズで走っていた場合

打撃妨害が起きたときに3塁ランナーが投球と同時に本塁へ走っている時は、上に書いた処置とは異なります

実は、公認野球規則には次のようにも書かれています。

三塁走者が、スクイズプレイまたは盗塁によって得点しようと試みた場合、捕手またはその他の野手がボールを持たないで、本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れたときには、投手にボークを課して、打者はインターフェアによって一塁が与えられる。この際はボールデッドとなる。

引用元:公認野球規則2021年度版 6.01(g)より

 

つまり、このケースでは下記の通り処置されます。

  • バッターランナーは1塁に進塁できる
  • 3塁ランナーのホームインが認められる

 

打撃妨害のケーススタディ

では、打撃妨害について理解を深めるために2つのケーススタディを考えてみましょう。

各ケースについてどのようにプレーを処置するべきか、審判になったつもりで予想さてみてください。

 

ケーススタディ① 0アウトランナー2塁(その1)

ケースの説明

  • ピッチャーが投げたボールをバッターは空振りした
  • 空振りしたとき、バットがキャッチャーミットに当たった
  • ボールはキャッチャーミットに当たって、地面に落ちた

解説

審判はただちにボールデッドを宣告し、バッターランナーに1塁を与えます。

2塁ランナーは、2塁に留められます。

このケースで空振りではなくファールだったとしても、同じくバッターは1塁へ進塁できます。

 

ケーススタディ② 0アウトランナー2塁(その2)

ケースの説明

  • バッターは、バントをした
  • バントをしようとしたとき、バットがキャッチャーミットに当たった
  • ボールはフェアゾーンに転がった
  • 2塁ランナーは3塁へ到達し、バッターランナーは1塁でアウトになった
おじたか
このケーススタディのポイントは、ボールがフェアゾーンに転がっていることです。

解説

このケースでは、プレーを続行させなければいけません。

プレーがひと段落ついたところでタイムをかけます。

そして、攻撃側の監督に次の2つのいずれを選択するか確認します。

①打撃妨害を適用し、0アウトランナー1・2塁でプレーを再開する

②打撃妨害を適用せず、1アウトランナー3塁でプレーを再開する

-ルールの説明
-, ,

© 2021 親父審判の野球ノート