コラム

インフィールドフライはなぜ必要?それはフェアに試合を進めるためのルール!

2020/11/22

窓辺で考える
おじたか
インフィールドフライって、なんだかややこしそうなルールですよね。

どうして、こんなにもややこしいルールがあるのでしょうか。

それにはちゃんとした理由があるのです。

インフィールドフライというルールがある理由

インフィールドフライというルールがあるのは、攻撃側が不利にならないようにするためです。

具体的には、簡単にダブルプレーに取られてしまうことを防ぐためです。

併せて読みたい

野球スタジアム外野からの風景
インフィールドフライとは?簡単に理解できる図解入り解説!

続きを見る

 

なぜ攻撃側が不利になるのか理解する

では、なぜ攻撃側が不利な状況になってしまうのでしょうか?

これを理解するために守備側がわざとフライを落としたケースを考えてみましょう。

ケーススタディ

ノーアウトでランナーが1塁と2塁にいます。

バッターは、内野へポップフライを打ち上げました。

 

このとき、ランナーは次の塁に進まずに今いる塁にそのまま留まるでしょう。

フライを捕球されても帰塁できる範囲で野手の様子ボールの行方を見ているはずです。

 

当然、守備側の野手もランナーの動きはわかっています。

このとき、野手はこう考えます。

「フライだからランナーは進んでいないはずだ。
フライを捕らずに落とせば、ダブルプレーが取れる!」

そこで、わざと落球します。

3塁へボールを投げ、さらに2塁にもボールを転送します。

ダブルプレーの完成です。

 

ランナーは落球する瞬間まで動けませんから、ほぼ確実に2つのフォースアウトを取ることができますよね。

仮に、野手は100%わざと落とすだろうとランナーが予想して捕球(落球)前に次の塁に走ったら、野手はフライを捕球してしまえばいいだけです。

バッターはフライアウト、ランナーは帰塁できずダブルプレーとなります。

 

これは、攻撃側は非常に不利です。

どう動いてもダブルプレーを取られてしまうからです。

攻撃側は、ダブルプレーを防ぐ手立てがありません。

おじたか
わざと落として守備側が得するというのは、フェアではありませんね。

 

フェアプレー精神でプレーする

そこで審判がインフィールドフライを宣告してバッターをアウトにします。

守備側がわざと落球してダブルプレーになるのを防ぐために。

これがインフィールドフライというルールがある理由です。

 

ちなみに、インフィールドフライは、ライナー性の打球には適用されません。

ライナー性の打球なら守備側がわざと落球してダブルプレーを狙えるのでしょうか?

 

答えは、NOです。

 

インフィールドフライが適用されなくても故意落球というルールがあります

審判が故意落球を認めればバッターはアウトとなり、ランナーは元の塁に戻されてプレーが再開されます。

ルールの抜け道にならないように、きちんとケアされているんです。

細かいところまで考え抜かれているなと感心します。

併せて読みたい

フライを捕ろうしている内野手
故意落球ってどんなルール?インフィールドフライとの違いも解説!

続きを見る

-コラム
-, ,

© 2021 親父審判の野球ノート