コラム

少年野球で他の審判のことを下手クソ!と思ったら読む記事

怒っている表情の猫

もし、あなたが野球のことをよく知っていて、審判の動き方も理解しているなら、こんな悩みを抱えることになるかもしれません。

ぶっちゃけ、「下手クソ!!」って思っているかも。。。しれません。笑

  • 何でボール追いかけて外野行ってんだ?行ったらあかん場面やろ!?
  • なんでカバーしてくれへんの?一塁ベース、審判誰もおらんやん!

 

こんな時、どのように対応すればいいのでしょうか?

私の体験談を通して、こんな風にしてみてはどうでしょうか?ということをお話しします。

 

他の審判が動かないのは当たり前

少年野球で他の審判が思い通りに動いてくれないのは、当たり前です。

だって、みんな素人だから。笑

一緒に審判する人が、あなたと同じように知っていると期待するから悶々とするのです。

だから、最初から期待してはいけない。

 

もう全部自分ひとりでジャッジしてやろうっていうくらいの気持ちでちょうどいいんだと思います。

そういう心構えで審判をやってみてはどうでしょうか?

 

先日、久しぶりに審判やってきたんですが、ちょっと動きが違うなと思うことがありました。

そこで私はこんな風に対応したんです。

 

試合で「あれ?」って感じた出来事

私は一塁塁審を担当したのですが、その時「あれ?」と思ったことがありました。

ランナーは1塁にいたので、二塁塁審は内野の中にポジションを取っていた時のことです。

センターとライトの間の方向に飛球が飛びました。

 

その時、二塁塁審がその打球を追いかけて行ってしまったのです。

当然、二塁ベースを見る審判はいなくなります。

 

「あれ?このケースは二塁塁審は内野にいてなきゃいけないよなあ。。。」

と、私は思っていました。

↓の記事に書いている通りの動きを想定していたんです。

二塁盗塁クロスプレー
参考【図解入り】二塁塁審の立ち位置と動き方を徹底解説!!

続きを見る

 

最も大切なことは何か?を考えて動く

試合の中で、プレーが発生したその瞬間に、他の人が思い通りに動かないなんていう文句なんか言えないわけです。

自分でどうにかするしかないんです。

 

大切なことは、

子供たちが一生懸命になったプレーを審判が誰もジャッジできない状態にしないことです。

だから、他の審判が思い通りに動いてくれないんだったら、自分が動く。

これが唯一できる対応です。

 

先ほどのケースでは、「あれ?」と思いつつも、私が一塁と二塁をジャッジできるように動きました。

本来の動きとは違いますが、もう自分がカバーするしかないなという心境でした。

例えば、バッターランナーが一塁を踏んでいるのを確認しながら、二塁ベース方向に走っていくという動きをしたんです。

 

まとめ

少年野球で審判をやるときなんてのは、思い通りにならないことの方が多いと思っておいた方がいいです。

せっかくいろいろ調べても、まあその通りにはならないです。笑

素人が集まってやってるんだから、そういうもんだと思いますよ。

身も蓋もないかもしれませんけど・・・。そんなもんです。

ココがポイント

  • 他の審判が思い通りに動いてくれないのが当たり前
  • 自分で全てジャッジするくらいの気持ちを持つ
  • 最悪なのは、プレーを審判が誰も見ておらずジャッジできないこと

 

-コラム
-, ,

© 2021 親父審判の野球ノート