ルールの説明

走塁妨害のルールを詳しく説明!どこまで安全に進塁できるのか!?

2塁を回ろうとしているランナー
走塁妨害が起きたときは、どうなるんでしょう?

プレーは続けるのか、ランナーはどこまで進めるのか疑問が多いです。

審判未経験の父
おじたか
走塁妨害なんて滅多に起きないのでルールを知る機会が少ないですよね。

なので、わからない人が多いんだろうと思います。

この記事はこんな人にオススメ

  • 走塁妨害のルールを知りたい人
  • 走塁妨害が起きた後、どのように審判が処置をするか知りたい人

走塁妨害のルール

原則として、野手が打球や送球を処理する時やボールを持ってランナーをアウトにする時以外は、ランナーが優先されます。

つまり、ランナーが優先されるケースで野手がランナーの走塁を妨害した時、走塁妨害(オブストラクション)が適用されます。

走塁妨害の適用は、ケースによって異なります。

もっと詳しく

守備の野手とランナーのプレー優先権は、下記の順番で高くなっています。

ボールを処理している(しようとしている)野手>ランナー>ボールを処理しない野手

つまり、ランナーはボールを処理する野手を邪魔してはいけませんし、ボールを処理しない野手はランナーの邪魔をしてはいけません。

 

走塁妨害を受けたランナーに対してプレーが行われている場合

走塁を妨害されたランナーに対してプレーが行われている場合は、審判はオブストラクションを宣告してただちにボールデッドになります。

その後、審判は下記の通り守備側にペナルティを与えます。

走塁妨害のペナルティ

  • 走塁妨害がなければ達していたであろうと審判が推定する塁まで安全に進塁する
  • 走塁妨害発生時に占有していた塁より少なくとも1つ進塁できる
  • 走塁妨害されたランナーが進塁することで押し出される前のランナーも次塁へ進塁できる

 

ところで「走塁を妨害されたランナーに対するプレーが行われている」とは、どういう意味でしょう?

例えば、2、3塁間で挟まれたランナーの走塁を妨害したケースが、これに該当します。

この例では、ランナーを挟んでアウトにしようとしています。

「アウトにしようとしている」ということが、プレーが行われているという意味です。

 

よって、走塁を妨害されたランナーに対するプレーが行われているとは、守備側がアウトにしようとしているランナーの走塁を妨害することだと言えます。

 

走塁妨害を受けたランナーに対してプレーが行われていない場合

一方、走塁を妨害されたランナーに対してプレーが行われていない場合は、すべてのプレーが終了するまでプレーは続行されます。

走塁を妨害されたランナーに対してプレーが行われている場合と違い、ただちにボールデッドにならないことに注意が必要です。

プレーが落ち着いた後、審判は攻撃側が走塁妨害によって不利益を受けたと認めた場合はそれを取り除く処置をします

 

例えば、ライト前ヒットで1塁ランナーが2塁へ進塁する途中に走塁妨害を受けたとします。

これによって1塁ランナーは2塁までしか進めませんでした。

しかし、3塁へ進塁できる可能性が高かったと審判が認めた場合は、1塁ランナーを3塁まで進塁させる処置をとるということです。

 

走塁妨害のケーススタディ

ケーススタディ① 1アウトランナー1塁

レフト前ヒットを打った後、走塁妨害が発生したケースを考えます。

1塁ランナー、バッターランナーそれぞれがどのように処置されるか考えてみてください。

ケースの説明

  • 1アウトランナー1塁の場面で、バッターがレフト線へヒットを打った
  • 左翼手は3塁へ送球をした
  • 1塁ランナーは2塁を回るところでボールを持たない二塁手と接触した
おじたか
各ランナーはどこまで安全に進塁できるでしょうか?

解説

2塁ランナーは3塁へ安全に進塁することが認められます。

バッターランナーについては、走塁妨害が起きていなければ2塁まで行けたと審判が判断すれば2塁まで進塁できます。

2塁まで行けなかったと判断すれば1塁に留められます。

 

ケーススタディ② 1アウトランナー2塁

走塁妨害を受けたバッターランナーがアウトになるのか、ならないのか考えてみてください。

ケースの説明

  • 1アウトランナー2塁の場面で、バッターがレフト前ヒットを打った
  • 2塁ランナーは3塁を回ってホームへ突入した
  • このとき、バッターランナーが1塁を回ったところで1塁手と接触し、審判は走塁妨害を宣告した
  • レフトからのバックホームが悪送球となりバックネット裏にボールが転がっている
  • バッターランナーは、2塁を蹴って3塁へ走った
  • バックアップの野手からボールが3塁へ送球され、バッターランナーはアウトになった
おじたか
これは難しいです。ポイントはバッターランナーは3塁でアウトになるのかです。

つまり、走塁妨害が起きたとき、どの塁までの安全進塁権が認められるかということですね。

解説

バッターランナーはアウトになります。

一般的にこのケースではバッターランナーは2塁まで進塁できると判断され、走塁妨害によって2塁までの安全進塁権が与えられます。

よって、3塁への進塁はバッターランナーが危険を賭したプレーと判断されます。

2塁から3塁へは安全進塁権が与えられていないため、3塁でアウトとなります。

走塁妨害を受けたランナーに対してどの塁まで安全進塁権を与えるかは審判の裁量です。

なお、2塁ランナーのホームインは認められます。

こちらもCHECK

投球を待つバッター
守備妨害のルール!バッターランナーが妨害した時のペナルティを解説!!

続きを見る

-ルールの説明
-,

© 2021 親父審判の野球ノート