審判の技術

少年野球審判実践!球審のフォーメーションと動き方

球審ストライクコール
最後は球審ですか。

絶対にやりたくないやつですね。笑

ルールを知ってないといけないし、ストライク・ボールでみんなからブーブー言われるし。。。

審判未経験の父
親父審判
なるほど。塁審と比べるとプレッシャーは大きいですね。

でも、やってみると意外と楽しいんですよ。

ここでは球審の動き方を紹介します。

球審の動きはそれほど多くないので、覚えやすいと思います。

 

球審の動き方(フォーメーションでの動き)

球審の動きとして、まず覚えておいてほしい原則があります。

球審の動き方 原則

ランナー無しまたは1塁の時以外は、球審は常に本塁に留まる

 

この原則を頭に入れたうえで、ランナーの位置ごとの球審の動き方を見ていきましょう。

 

パターン① ランナー無しのケース

一塁塁審が外野の打球を追いかける時

球審の動き方

  • バッターランナーが一塁に触れたことを確認する
  • 一塁でのプレーに備える
  • 本塁でのプレーに備える

一塁塁審が外野の打球を追いかける時は、球審が一塁をカバーします。

そして、バッターランナーが二塁を回って三塁へ向かったら、本塁へ戻ります。

 

一塁塁審以外が外野の打球を追いかける時

球審の動き方

  • 三塁でのプレーに備える

二塁塁審または三塁塁審が外野の打球を追いかける時は、球審は三塁をカバーします。

この時、本塁は一塁塁審がカバーするというフォーメーションになります。

 

パターン② ランナー1塁のケース

一塁塁審が外野の打球を追いかける時

球審の動き方

  • バッターランナーが一塁に触れたことを確認する
  • 1塁ランナーのタッグアップを確認する
  • 本塁でのプレーに備える

ランナー1塁の場合も、一塁塁審が外野へ行ったときは球審が一塁をカバーします。

1塁ランナーの動きを見ながら、本塁でプレーが起こりそうだなと思ったら本塁へ戻ります。

一塁と本塁を両にらみでジャッジします。

 

三塁塁審が外野の打球を追いかける時

球審の動き方

  • 三塁でのプレーに備える

三塁塁審が外野の打球を追いかける時は、球審は三塁をカバーします。

球審が三塁に向かった時は、一塁塁審が本塁をカバーします。

 

パターン③ ランナー無しまたは1塁以外のケース

三塁塁審が外野の打球を追いかける時

球審の動き方

  • 3塁ランナーのタッグアップを確認する(三塁にランナーがいる時)
  • 本塁でのプレーに備える

ランナー無しでも一塁だけでもないケースは、球審は本塁に留まります。

ですので、球審は本塁のプレーをしっかりとジャッジすることが役割です。

 

ただし、三塁にランナーがいる場面で三塁塁審が外野に打球を追いかけた時は、球審が3塁ランナーのタッグアップを確認します。

忘れないようにしましょう。

 

三塁塁審以外が外野の打球を追いかける時

球審の動き方

  • 本塁でのプレーに備える

こちらの場合も球審は本塁のプレーをジャッジします

三塁塁審は外野へ打球を追いかけないケースですので、球審は3塁ランナーのタッグアップを確認する必要はありません。

 

球審の動き方(フォーメーション以外の動き)

球審は常に内野にいますので、必ずフォーメーション通りの動き方をします。

ですので、フォーメーション以外の動きというのはありません。

 

ところで、

球審を務めるときは他の塁審のミスをカバーするという心構えが必要です。

例えば、塁審がプレーを見てなくてアウトかセーフかわからないという場合、球審が代わりにジャッジすることもあります。

 

少年野球で審判をやる場合、一緒に審判を務める人は経験が浅いと思っておいた方がいいです。

プレーを見逃してしまうことや、フォーメーション通りに動いてくれない人もいるかもしれません。

審判が誰もジャッジできなくなってしまうことは、プレーしている子供たちがかわいそうです。

 

だから、球審は、全部自分でジャッジするくらいの気持ちでいるのがちょうどいいでしょう。

一生懸命にプレーしている選手たちに応えるため、毅然としたジャッジで試合を進行してあげてください。

併せて読みたい

-審判の技術
-, , ,

© 2021 親父審判の野球ノート